By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

I agree

3Dスキャンと3Dプリント

テクノロジーが格段に進歩した今日において、3Dスキャン、そして積層造形としても知られる3Dプリントは製造産業で急速に広まっているだけでなく、遺産の保護、芸術/建築、ヘルスケア、教育/研究、マルチメディアなどの分野にも確かなメリットをもたらしています。

端的に言えば、3Dスキャンと3Dプリントは、デジタルな世界の「入口」と「出口」を提供します。つまり、いかなる物理的な物体も効率的にスキャンし、最高の品質とリアリティを備えたデジタルデータを作成できるのです。このようにしてコンピュータ支援設計(CAD)ファイルの形式になったデジタルデータにより、新製品の開発、既存部品の改良、リバースエンジニアリングや品質管理の実施、研究の実施、そして重要かつ貴重な情報のアーカイブなどが可能になります。

世界各国のメーカーが3Dスキャンと3Dプリントのテクノロジーの使用を拡大しているのも容易に理解できます。たとえば、3Dスキャンと積層造形の使用により、非常に複雑なカスタム製品を開発することが可能になります。従来、こうした製品をほかの方法で実際に製造することはまったくもって不可能でした。3Dスキャンの利用により、プロトタイピングを加速させて市場投入期間を短縮することもできます。さらには、組立工程の簡易化・効率化・時間短縮が実現でき、人件費や品質管理コストの削減につながります。それだけではありません。3Dスキャンと3Dプリントによって材料の廃棄量が削減され、需要に応じた製造が可能になります。そうすれば、巨大な在庫や持続不可能なロジスティクスをなくせるかもしれません。

では、ほかの分野ではどうでしょうか?3Dスキャンと3Dプリントはどのようなメリットをもたらすでしょうか?想像をふくらませてみてください!3Dスキャンと3Dプリントの用途の中でも説得力のある例をご紹介します。以下の例はほんの一部にすぎません。

  • 遺産の保護: 考古学や学術研究の分野では、アーカイブや研究のために貴重な物体や文化遺産をスキャンしたり、世界各地での展示のために3Dモデルをプリントしたりしています。
  • 芸術や建築: 芸術、彫刻、建築の分野では、芸術作品や建築設計の要素をスキャンできます。そしてデジタルデータ上でデザインを変更して再度プリントすることで、変更結果を確認しています。
  • 教育や研究: 3Dスキャナーと3Dプリンターの使用により、産業デザイン、機械設計、エンジニアリングなどの多種多様な分野で、学生に対する指導の質を高めることが可能です。また、物理的な物体の解析にも活用できます。
  • マルチメディア: テレビ ゲームや軍事、トレーニング、科学、教育などのために3Dスキャンを使用することにより、3Dコンピュータアーティストは現実世界を非常にリアルに再現したシミュレーションを生み出しています。
  • ヘルスケア: 医療の分野では、人体の一部もしくは全身を3Dスキャナーでスキャンすることで、研究用途に活用しています。企業においては、人体により適応した器具の開発にもスキャンデータが活用されています。

ここに挙げた例は、今日のさまざまな分野における3Dスキャンと3Dプリントの活用方法のほんの一端にすぎません。このように、可能性は無限に広がっているのです。将来は、3Dスキャンと3Dプリントによってほかにどんな画期的な応用事例が生まれてくるのでしょうか?それはまだ誰にもわかりません。