By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

I agree

文化遺産の保護

文化遺産の保護は非常に重要な任務ですが、近年のテクノロジーの進歩により、保護の手法や用途が大きく飛躍しています。 3Dスキャン が、そのようなテクノロジーの1つであることには間違いありません。必要な3Dモデルを、これ以上ないほどの容易さと速さで生成できるのです。

アーカイブ化と電子化

出土品や工芸品などを3Dデジタイジングすると、 さまざまな便益を得られます。例えば、それらの品を文書化しカタログ化したり、分類しデータベース化したりする事も可能になります。正確な測定・分析を行う事も可能になりますし、研究者間でそれらのデータを共有化する事なども可能になります。 古生物学者は、複雑な形の化石を組み立てる際に3Dモデルを使うことができますし、考古学者は、出土品を発掘現場でスキャンし、直ちに分析に送ることができます。

3Dデジタル保存を活用すれば、それらの物を将来の世代のために保存しておくことができます。

美術品や工芸品の修復

美術史家や学芸員の皆様は、美術品や工芸品が時とともに劣化してゆくことをよくご存知でしょう。 3Dモデルを使用すれば、劣化がどこに発生しているかを、即座に正確に示すことができます。これは、風雨にさらされている物の場合は、特に重要です。 彫刻の一部が欠けた場合であれ、古い噴水盤の製作当時の輝きを取り戻す場合であれ、3Dスキャンは、修復や保存のプロセスを迅速でシンプルなものにすることができます。

3Dバーチャルミュージアム

新しいテクノロジーにより、美術館や博物館に対する考えが一新されることになりました。今や来館者は、展示物をどこからでも見ることができ、これまでよりもはるかに多くの人々が展示物を見られるようになっています。 美術館や博物館の収蔵品や展示品は、今、バーチャルでインタラクティブなものとなっています。つまり、3Dテクノロジーを最大限に活用できるものとなっているのです。 写真や絵の代わりに3D表示を展示することは、見る人の関心度と現実感の両方に、全く新しいレベルの経験をもたらします。

無料の3Dモデル:

Go!SCAN 3Dスキャナーで作成した3Dモデルをご覧ください: